病院の沿革

年代 内容
昭和24年
(1949年)
羽犬塚町立病院として開設診療科は内科、外科、小児科
昭和29年4月 町村合併により筑後市立病院と改称(一般26床)
昭和31年 和泉587番地(現駐車場)へ移転(一般39床)
放射線科を新設
昭和34年 伝染病棟28床を併設
昭和35年 耳鼻咽喉科を新設
昭和36年 北病棟を増築(一般62床、結核27床、伝染病28床)
昭和37年7月 昭和37年7月
昭和39年6月 産婦人科新設
昭和40年4月 基準看護(一般1類62床結核2類27床)実施承認
昭和41年 南病棟増築
昭和46年11月 結核27床と伝染病28床を廃止し、一般病床55床を増床(一般病床117床)
昭和49年9月 旧病院本館増改築工事
昭和49年9月 基準看護(一般1類、117床)実施承認
昭和52年1月 基準看護(一般特1類、117床)実施承認
昭和53年3月 公称病床数165床に増床
昭和56年1月 基準看護(一般特2類、65床)実施
昭和56年7月 重症者の看護(8床)、重症者の収容(8床)実施承認
昭和57年9月 重症者の看護(18床)、重症者の収容(11床)実施承認
昭和59年10月 医事請求用電算機導入
昭和60年4月 泌尿器科新設
昭和62年4月 眼科新設
平成元年4月 医事請求用電算機更新
平成5年3月 救急告示
平成6年7月 循環器科新設
平成6年10月 在宅介護支援センター併設
院外処方実施
平成7年7月 リハビリテーション科新設
平成9年4月 整形外科新設
平成9年10月 新病院増改築工事着工
平成11年4月 久留米大学医学部教育関連病院の認定を受ける
麻酔科新設
平成11年6月 新病院本館竣工
平成11年8月 新病院開院公称病床数220床に増床
消化器科、呼吸器科新設
平成11年10月 開放型病床設置
平成12年3月 新病院駐車場竣工
平成12年4月 病児保育施設「ちっこハウス」開設
平成13年10月 日本医療機能評価機構から地域基幹病院として認定
平成14年8月 地域医療支援室設置
平成15年7月 220床を一般病床として届出
平成17年9月 管理型臨床研修病院に指定される
平成17年11月病院情報システム(電子カルテ)稼動
平成18年8月 2類感染症病床2床増床
平成18年9月 日本医療機能評価機構の病院機能評価Ver.5.0認定
平成20年4月 診断群分類別包括評価制度(DPC)を導入
平成20年10月 循環器科、消化器科、呼吸器科をそれぞれ、
循環器内科、消化器内科、呼吸器内科へ名称変更
内分泌代謝内科新設
平成23年4月 地方独立行政法人筑後市立病院へ移行
公称病床数233床に増床
平成23年10月 脳血管内科、消化器外科、心臓血管外科新設
平成23年12月 一般病棟入院基本料(7対1入院基本料)算定開始
日本医療機能評価機構の病院機能評価Ver.6.0認定
MRI(Philips社製1.5テスラ)導入
平成24年9月 CT(東芝社320列AquilioneONE)導入
平成25年2月 電子カルテ更新
平成25年4月 共同院内保育所「きっずハウス」開設
平成25年6月 地域医療再生計画に伴う新館増築工事着工
平成25年11月 地域医療再生計画に伴うヘリポート工事着工
平成26年2月 脳血管内科閉鎖、脳神経外科新設
平成26年4月 新館稼働開始、内視鏡治療センター開設
平成26年5月 ヘリポート稼働開始
平成26年8月 ICU(4床)算定開始
平成26年9月 地域医療再生計画に伴う整備工事竣工
平成26年10月 地域包括ケア病棟算定開始
平成28年4月

災害拠点病院指定

福岡県DMAT指定医療機関
腎臓内科新設

平成28年10月 日本医療機能評価機構の病院機能評価3rdGVer.1.1認定

このページのトップへ

地方独立行政法人筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

筑後市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定第GB206号

筑後市立病院は館内禁煙となっております。ご理解とご協力をお願い致します。

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.