メニュー

外来担当医表

オンライン地域公開講座 無料配信

知っておきたい大腸がんの知識

1月13日より配信!

視聴無料

ぜひご覧ください

Vol.42 アウトドアで注意する感染症「マダニ」


コロナ禍で、3密を回避できるレジャーとして、アウトドアを楽しまれている方も多いと思います。
 夏のレジャーやガーデニングなど、アウトドアで注意したいのが、ウイルス性の感染症を媒介する野生の「マダニ」です。ダニがウイルスや細菌などを保有している場合、咬まれた人が病気を発症することがあります。日本国内でも感染・死亡例が報告されており、厚生労働省では厳重注意を呼びかけています。 これからの季節、マダニから身を守り、恐ろしい感染症を防ぐためのポイントをまとめてみました。


マダニが媒介する感染症

  • 日本紅斑熱
  • ライム病
  • 重症熱性血小板減少症候群
  • ダニ媒介性脳炎
  • つつがむし病

         ・・・・・・など

マダニから身を守るための服装

マダニは、シカやイノシシなどの野生動物が出没する環境に多く生息していますが、民家や裏山、畑、あぜ道などにも生息しているので、気を付けましょう。

マダニから身を守るための服装

活動修了後には

咬まれていないか確認してください。わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイント。

マダニから身を守る方法厚労省の啓発ポスター

いろいろな感染症に注意しながら、レジャーを楽しみましょう!


【厚労省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html)参照】

関連する記事


この記事は2022年8月現在の内容です

このページのトップへ

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.