メニュー

外来担当医表

高齢者のスキンケアトラブルの予防

皮膚排泄ケア専従認定看護師

表皮は、皮膚の最も外側にあり、紫外線や外気など外的刺激にさらされている部分です。表皮
細胞は、一般的に28日周期で生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を備え、肌のうるおい
を保つ重要な役割を果たしています。(図1)
高齢者の皮膚の特徴に、汗や皮脂分泌の減少があります。皮膚のバリア機能が低下し、体内の
水分が保持できずに皮膚の乾燥が引き起こされ、乾燥が強くなるとかゆみが生じやすくなりま
す。(図2)
加齢でターンオーバー(新陳代謝)が低下すると皮膚の弾力性の低下、皮膚の菲薄、さらに皮
膚表面が平坦化して光沢を帯びることもあります。このような脆弱な皮膚は、傷ができやすく、
傷が治りにくいことがあります。
高齢者のスキントラブルの予防は、皮膚の特徴を知り、愛護的なスキンケアの意識をもつこと
 で、皮膚の健康維持につなげることができます。

     ターンオーバーの挿絵    健全な皮膚の挿絵


1.保湿で皮膚を乾燥から守る

A.保湿剤の塗布

保湿力のあるのびのよいクリームやローションを1日2回以上塗布します。
入浴後30分以内の塗布は、保湿効果を高めます。

  

   保湿剤の塗布の挿絵


B.入浴時の注意

長時間の入浴や頻回の入浴、熱いお湯での入浴は、皮膚の水分保持機能の低下となり、
皮膚の乾燥を助長します。お湯の温度は、ぬるめで、保湿成分を含んだ入浴剤などの工
夫も必要です。弱酸性の洗浄剤は、皮膚に刺激が少ない優しいケアとなります。

   PHの違いによる泡立ち


2.刺激の除去と皮膚の保護

A.皮膚を強く擦らない

皮膚のバリア機能の低下や乾燥を予防するために、皮膚を強く擦らないことが重要です。洗浄剤
の泡を利用して、クッションを滑らせるように優しく愛護的に洗うことで刺激の低減となります。

B.皮膚を保護する

手足などの皮膚は、打撲や摩擦で容易に損傷することがあり、衣類などで保護が必要です。また、
保湿剤で潤いを保持することで、皮膚の保護につながります。
おむつ使用時は、蒸れで皮膚がふやける場合が多く、バリア機能が低下します。ふやけや汚れに
よる刺激から皮膚を保護する撥水クリームなどの塗布が必要です。



この記事は2019年11月現在のものです。



このページのトップへ

地方独立行政法人筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

筑後市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定第GB206号

筑後市立病院は館内禁煙となっております。ご理解とご協力をお願い致します。

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.