病院安全管理部

病院安全管理室

国民の生命・健康が守られるべき医療機関における医療の事故が相次いでいる中、医療安全の確保は病院運営における重要な課題の一つとなっています。当院では患者さんの安全を最優先する観点から、病院の組織的な安全体制を確立し推進する部署として医療安全管理室を設置し、医療安全管理者(専従リスクマネージャー)を配置しています。さらに、各部署にはリスクサブマネージャーを任命し、自部署でのインシデント報告の分析・防止策立案・実施・評価を継続的に実施していくことで事故の発生防止に努めています。

医療安全管理室は各部署の現状を把握し、病院全体の組織横断的な活動により、医療事故を未然に防ぐ役割を担っています。万一の事故発生時には、患者さん及びご家族の方々に誠実で誠意ある姿勢で対応し、事故を真摯に受け止め原因分析・再発防止策を立案し実践していくことで、医療の質向上に繋げていきます。安心で安全な医療を提供できるよう「スマート&スピーディ」をモットーに活動してまいります。

安全管理室写真

病院感染管理室

近年、新型インフルエンザに代表される新興再興感染症や抗菌薬耐性菌のまん延など次々に報告されており、感染症が人々に及ぼす脅威が高まっています。そのような中、当院では患者さんや病院を訪れる人、職員など、すべての人々へ感染の危険を及ぼさない安全な医療環境を提供するために、院内感染を未然に防止する対策を行なっています。平成25年4月に病院感染管理室が設置され、感染予防の管理・監視を行なえる能力を身に着けた専従の感染管理認定看護師を配置し日々の感染対策の実務に取り組んでいます。
医師(インフェクションコントロールドクター)、薬剤師、臨床検査技師、2名の感染管理認定看護師で感染対策チームを構成し、組織横断的に感染対策の実務活動を行なっています。また、院内のみならず、近隣の病院や行政機関と連携しながら、感染対策に関する情報交換やカンファランス、ラウンドによる評価を定期的に行なっています。さらに、患者さんのケアに直接かかわる機会の多い看護部ではリンクナース会を設置し、現場の感染対策の推進に努めています。

感染ラウンド写真

このページのトップへ

地方独立行政法人筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

筑後市立病院は日本医療機能評価機構認定病院です。認定第GB206号

筑後市立病院は館内禁煙となっております。ご理解とご協力をお願い致します。

地方独立行政法人 筑後市立病院

〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉917-1

TEL 0942-53-7511

© 2016筑後市立病院. All Right Reserved.